2014年12月12日

非常識の常識   心優現夢




あれは

異国の思いで

通りで片腕の少年と出会った

ぼろぼろな肌着

忘れられない瞳

近くにいた人々に聞いた

衝撃の事情

少年の腕

その子が小さい時に

少年の両親が

切断してあげたとのこと

その子が

乞食として生きてゆけるように

と。









心優現夢


全人類へ贈る詩 -

 全人類へ贈る詩
最前線→感動 ←最前線

posted by 心優現夢 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック